« 私もとうとう・・・? | トップページ | アンティークボタン♪ »

『里山保育』

前の記事の続きになりますが。

「けがをしたり泥だらけになったり、時には友達と

喧嘩をしながら遊びに熱中してこそ子供は健全に育つ」

千葉県にある木更津社会観保育園の園長先生さんのお言葉です。

 

以前にNHKのドキュメンタリー番組をみました。

木更津社会観保育園の里山保育の様子を特集したものでした。

この番組を見た多くの方が涙し、驚き、そして感動したそうです。

里山保育では子供たちが泥んこになりながら、傷だらけになり

ながら自然の中で成長していきます。

夏はプールではなく水たまりに飛び込み、おもちゃや遊具はなく

自然と触れ合いながら自分たちで遊びを見つけていきます。

喧嘩を始めても先生は口を挟みません。

危ないこともしていてもギリギリにまではほうっておきます。

 

番組を見ていてもすごく感動するシーンがいくつかありました。

みんなで山の中に入り、細くて小さな丸太の橋を一人一人が

渡っていきます。その中でやっぱり恐くて渡れない子がいました。

恐いといってずっと泣いています。でも先生や周りの友達は

手を貸しません。ず~っと見守ります。

「○○ちゃん、がんばれ!」と掛け声で応援します。

ずっと泣いていたその女の子も最後には勇気を出して、先生の

手を少し借りながら橋を渡ります。

その子は自分にもできた!と達成感でいっぱいになります。

料理の時間もあります。その光景はまるで合宿です。

包丁も子供に持たせます。見ていると荒々しくてドキドキしました。

そして何かを食べるときもちょっとずつかじりながら子供たちの中で

まわしていきます。小さく小さくなりながらも最後の最後まで回し食べ

してました。取り合いなんかせず、次に食べる子を思いながら

ちょこっと食べて次にまわします。

喧嘩を初めても先生は知らんぷり。子供たちに解決させます。

最初はリーダー的存在で勝手な行動を取っていた男の子も

次第にチームワークというものを知り友達との距離が縮まって

いきます。最後には「仲間」になります。

 

最初はこの過酷とも言える保育に反対の声が多かったそうです。

でも子供たちの変化を見て次第に反対の声が消えていったと

いいます。

『子殺し・親殺し・仲間いじめ・子供達の

自殺。30年間に及ぶ断続的な深化多発は、

戦後60年間の育児・教育の成果である

自然の柔らかさ・優しさ・厳しさ・楽しさ・美しさ・

不思議とともに反射神経・平衡感覚・ストレス耐性・

状況判断力そして仲間と助け合うこと、

弱いものを強いものが守るべき事などの「生きる力」を

「森の保育」は子供達に納得させてくれます。

園長先生の言葉を引用させていただきました。
 
 
何でも子供がやりたいことを阻止するのではなくて、体感させる。
  
痛いことも体で覚えさせる。仲間と協力する・・・・
 
などなど里山保育には全ての保育が詰まっていると思いました。
  
 
また再放送があるかわかりませんが、もしまたどこかで
 
機会があれば・・・見る価値あると思います。
 
 
   -----------------
 
以前に放送された内容:
里山保育が子供を変える (2007年10月28日放送)
里山で子供たちが輝く   (2008年10月26日放送)
 
   ----------------- 
 
 

|

« 私もとうとう・・・? | トップページ | アンティークボタン♪ »

「育児」カテゴリの記事

コメント

ハッコさん♪

ハッコさんも見てましたか?
たしかに見てるとそこまでするの??って過酷だなって
思う場面もたくさんありました。
これだけの体験をした子供たちがどんな大人になって
いくんだろう?って気になります。
私もこの里山保育を見てもっと強く!って思っては
いてもついつい子供たちには「あぶない」「さわっちゃだめ」って
言ってしまうんですよ・・
頭では思っていても実際目の前にするとどうしても
安全な育児が習慣付いてしまってます。。

また特集があればいいですね!
また見たいな~~。

投稿: eri(ハッコさんへ) | 2009年3月 7日 (土) 23時23分

eriさん、こんばんは♪

わたしも、この里山保育のテレビ、途中からだけど見ましたよ!
すっごい衝撃的だった。
泣いている子どもに、「だいじょーぶ、だいじょーぶ!!」って言っているシーンがあったのですが、ぱっとそこだけ見ると、わたしは「もっと、泣いてる子の立場になってみてよ~!」なんて思ってしまったのですが、見ているうちに子どもたちと子どもたち・先生方との間に、大きな信頼関係があるからこそ、できることだよなぁって思うようになりました。

ケンカ、怪我、ぐっとこらえる力って、とっても大切だと思うんだけど、ついついぱっと手を貸したくなっちゃうんです。
子どもたちには、強く生きる力をつけてほしいと思うので、わたしももっと里山保育のこと、知りたいなって思いました。

投稿: ハッコ | 2009年3月 4日 (水) 22時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 私もとうとう・・・? | トップページ | アンティークボタン♪ »