« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

『里山保育』

前の記事の続きになりますが。

「けがをしたり泥だらけになったり、時には友達と

喧嘩をしながら遊びに熱中してこそ子供は健全に育つ」

千葉県にある木更津社会観保育園の園長先生さんのお言葉です。

 

以前にNHKのドキュメンタリー番組をみました。

木更津社会観保育園の里山保育の様子を特集したものでした。

この番組を見た多くの方が涙し、驚き、そして感動したそうです。

里山保育では子供たちが泥んこになりながら、傷だらけになり

ながら自然の中で成長していきます。

夏はプールではなく水たまりに飛び込み、おもちゃや遊具はなく

自然と触れ合いながら自分たちで遊びを見つけていきます。

喧嘩を始めても先生は口を挟みません。

危ないこともしていてもギリギリにまではほうっておきます。

 

番組を見ていてもすごく感動するシーンがいくつかありました。

みんなで山の中に入り、細くて小さな丸太の橋を一人一人が

渡っていきます。その中でやっぱり恐くて渡れない子がいました。

恐いといってずっと泣いています。でも先生や周りの友達は

手を貸しません。ず~っと見守ります。

「○○ちゃん、がんばれ!」と掛け声で応援します。

ずっと泣いていたその女の子も最後には勇気を出して、先生の

手を少し借りながら橋を渡ります。

その子は自分にもできた!と達成感でいっぱいになります。

料理の時間もあります。その光景はまるで合宿です。

包丁も子供に持たせます。見ていると荒々しくてドキドキしました。

そして何かを食べるときもちょっとずつかじりながら子供たちの中で

まわしていきます。小さく小さくなりながらも最後の最後まで回し食べ

してました。取り合いなんかせず、次に食べる子を思いながら

ちょこっと食べて次にまわします。

喧嘩を初めても先生は知らんぷり。子供たちに解決させます。

最初はリーダー的存在で勝手な行動を取っていた男の子も

次第にチームワークというものを知り友達との距離が縮まって

いきます。最後には「仲間」になります。

 

最初はこの過酷とも言える保育に反対の声が多かったそうです。

でも子供たちの変化を見て次第に反対の声が消えていったと

いいます。

『子殺し・親殺し・仲間いじめ・子供達の

自殺。30年間に及ぶ断続的な深化多発は、

戦後60年間の育児・教育の成果である

自然の柔らかさ・優しさ・厳しさ・楽しさ・美しさ・

不思議とともに反射神経・平衡感覚・ストレス耐性・

状況判断力そして仲間と助け合うこと、

弱いものを強いものが守るべき事などの「生きる力」を

「森の保育」は子供達に納得させてくれます。

園長先生の言葉を引用させていただきました。
 
 
何でも子供がやりたいことを阻止するのではなくて、体感させる。
  
痛いことも体で覚えさせる。仲間と協力する・・・・
 
などなど里山保育には全ての保育が詰まっていると思いました。
  
 
また再放送があるかわかりませんが、もしまたどこかで
 
機会があれば・・・見る価値あると思います。
 
 
   -----------------
 
以前に放送された内容:
里山保育が子供を変える (2007年10月28日放送)
里山で子供たちが輝く   (2008年10月26日放送)
 
   ----------------- 
 
 

| | コメント (2)

私もとうとう・・・?

去年か・・おととしあたりからか・・・

この時期になったら鼻がムズムズ。くしゃみがでたり。。

私もとうとう花粉症に??!

どんな菌にも打ち勝つ精神でいましたが花粉症の仲間入り

したかもしれません。。

仕事中も本当はお鼻にティッシュをつめて過ごしたい

気分でしたがさすがにそれはできず、お鼻をずっとすすってました。

すると上司から「風邪ひいたのか?」と聞かれたので、

「いや、花粉症かも・・・」と答えたらとりあえず鼻炎薬をくれました。

鼻炎薬ってたしかに鼻がス~~~!として気持ちよくなるんだけど

眠るなるのが難点。

「でもこれって眠くなるんでしょ?」って聞いたら

「いいや!これは眠くならんよ!」と。

それじゃあ、と飲んだら・・・その後、眠いのなんの・・・。

仕事中ずっとウトウト・・。

嘘つき!と思い、「これ、めちゃめちゃ眠くなるんですけど・・!」

って言ったら「ほんと?!俺は眠くならんよ」って。

え~?「眠くならんよ!」って言うのは自己判断ですか~?!

だまされた~~と私はその後眠気と戦って、運転に気をつけて

帰宅しました。。。

鼻炎薬を飲んでからはたしかにスースーお鼻が気持ちイイです。 

 

今日会社の友達との話にも出たんですが、

アレルギー科学総合研究センター

子供を花粉症にしないための9か条というのを

発表していました。

その中には猫、犬を家の中で飼育する手や顔を洗う回数を

少なくするなど、比較的不衛生で子供を育てましょうと

書かれています。

ある程度子供のころにいろんな菌と触れさせましょうってこと

なんでしょうね。 

でもまぁ、不衛生にしてしまうと逆に風邪をひいたりと

他の病気になることも考えられるので一長一短だと思いますが・・。

でも長い目で見て、子供の頃にいろんな菌と触れさせて

抗体を作るということは大事なことだと私も思っています。 

 

ペットと子供の関連の記事で、子供とペットを一緒に育てるという

ことはいろんな意味で丈夫な子供に育つという結果が

わかっています。

幼児期にペットと一緒に過ごした子供はアレルギーに対して

抵抗力を持つようになり、アトピーなどにもなりにくいそうです。

( ペットがアトピーを防ぐ?米国で行われたコホート追跡調査より )

当初は動物がアレルギーの原因になると言われることも

あったそうですが、最近になっては生後、数年間をペットと一緒に

過ごした子供は一般的な皮膚アレルギーにかかる確率が

約50%も少ないという結果がでています。

アトピーだけでなく、喘息との関係などにかかる確率も低いことが

わかっています。

丈夫な大人になってもらうために、子供のうちにいろんな菌と

仲良く(?)なっておかないといけないのかもしれませんね。。

 

丈夫な子供に関連して「里山保育」って、聞いたことありますか?

前にNHKで特集されて、私は釘付けで見入ってしまいました。

びっくりして、感激して、感動して・・・すごい!

と思いました。

こんな保育があるんだ・・・と。

その内容については長くなるので明日書きま~す。

| | コメント (4)

楽園

おそらく、今まで見た写真の中で一番好きかもしれない

この写真。  

 

51w2f9dppsl_ss500_ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前にも紹介したことがある『楽園のしっぽ』

 

このなんとも言えない表紙の写真と、「楽園のしっぽ」と

いうタイトル。一目惚れした本でした。

その後、友達が私にこの本をプレゼントしてくれて

とてもうれしかったです。

  

「馬が好きなの?」

 

いいえ、そうではなくて。笑

人の暮らしと自然は常に隣り合わせ、いや、同じ直線上にある?

ふと気づかせてくれるこの写真がめちゃんこ好きなのです。

 

今もたまにパラ~っとめくって見ます。(読むまでは時間がないので。。) 

ふと疲れた時にもこの写真を見るだけで癒される・・・

 

内容は、自給自足で自然の中で動物たちと暮らすご夫婦の

暮らしぶりが綴られていますが、

毎日忙しさに追われている人。

今の暮らしに楽園を見つけたいと思っている人におススメの本です。 

自分にとっての楽園ってどこだろうって考えさせられますよ。 

 

 【 「楽園のしっぽ」 村山 由佳 】

 

 

| | コメント (2)

ちょこタワー

Imgp0163a  

 

 

 

 

 

 

ちょっとしたお祝いを渡していたら・・・・

お返しにとコレをいただいた。

チョコチョコチョコ・・・・すごい量!

 

うれしかったですheart01

私は夏場あまりチョコをたべないので春先分まで・・今シーズン分

は確保できました。

(いや、春まで持たないかなcoldsweats01

  

 

 

| | コメント (2)

6歳になりました。(ケーキ作ったよ♪)

ao、生まれて6回目の誕生日ですnote   

ケーキが作りた~いと前々から言われていたので、aoと一緒に

ケーキを作りました。(手抜きしてスポンジだけは買ったケド・・

shioにじゃまされないよう、旦那とshioがお風呂に入っている間に

aoとドタバタしながら作りました。

なかなかおいしそうにできたでしょ。 

 

Imgp0157a 

  

 

 

 

 

実はこの日はお誕生日の数日前。

お誕生日当日は旦那が仕事で遅くなるかもしれないっていうので

家族がそろった日に早めにお祝いしました。 

Imgp0159a   

 

 shioもなんだかうれしそう。

 aoはめちゃんこうれしそう。

 

 

Imgp0160a 

 

いつもおねーちゃんのじゃまをする

shioもこの時はちゃんと見守って・・

  「ふぅ~~~」

  

『 6歳のお誕生日おめでとう~~~~~ 』

 

  

ケーキすごくおいしかった! 

中もこんな感じでイチゴたっぷりです。 

Imgp0161a  

 

 

 

 

  

 

お菓子作りってやっぱりなんだか楽しいかも・・・

 

保育園でも2月生まれの子の誕生日会が

ちょうどaoの誕生日の日にありました。

前に立って挨拶するとき、「将来なりたいものは?」の質問に

「バスケットボールの選手になりたい」

答えたそうです。

私がバスケに連れて行ったりしてる影響かな coldsweats01

 

| | コメント (2)

逆チョコ(ほんとに)

バレンタインが終わって数日後、本当に逆チョコ(正確にはチョコでは

ないけど)もらえましたhappy01  

  

会社の人から。

おお~~~マカロンsign03 

 

Imgp0164a 

  

  

 しかも6個くらい

 入ってた!

  

  

 

なんだか、

「バレンタイン、義理チョコは別にいらないけど

全くなかったらさみしい。あったらあったでうれしい・・・」

という男性の気持ちがちょっとわかりました。

 

バレンタイン。逆チョコが定着するといいな。

 

 

| | コメント (2)

逆チョコ。

今年は逆チョコがハヤリ。ってことでちょびっとだけ

期待してました。

1コもらえましたhappy01 わ~い。

あ、いただいたのはもちろん女の子からです。

 

今日はかなりのいいお天気。ポカポカ陽気。

洗濯機4回まわしました。

久々にお庭いじりもしたかったけど大掃除で終わりsweat02

まともに掃除できるの日曜くらいなもんなので、、coldsweats01 

 

くらら、先月カットにいったばかりなのにお鼻の周りが

もう伸びてきて…

気になったのでカットしました。

写真はカット前ですが。

もうモサモサになってきました。

Imgp0152 

  

外は気持ちいいね~

 ままさん

  

 

 

 

   

今日は大掃除してたので姫たちもほとんど外で

遊ばされてて・・・

家の中にいると片付けたそばから散らかして行くので

お家の中はしばらく立ち入り禁止にしてました。 

  

 

 

Imgp0133a  

 普段はおうちの中でも運動会。

 だけどテレビに夢中になってる

 姫たちは静か。。 

 

 

  

 

aoは来週やっと6歳になりますheart01

 

| | コメント (2)

あなたなら・・衝動買いしますか?

ほしいな・・・・

 

どうしようかな・・・

 

もう少し考えてみようかな・・・

 

・・・って悩んでいるうちに。

 

ほら、やっぱり完売してしまったshock

ってことないですか?

私はたびたびあります。

先日も買おうかどうしようか悩んでいたら

やっぱり完売。(布なんですどね。。)

そして後から思う。

ほら~~~買っておけばよかった

 

人が物に対して悩んでいるとき、きっと本人はソレを必要と

しているとき。

そう、悩んでいるということはほしいということ。

 

そこで教訓

『 悩むなら  買ってしまえ ホトトギス(←??) 』 

あると思います。

  

ま、ほしくても手をだせる範囲と出せない範囲がありますけどね。coldsweats01

 

| | コメント (4)

オニ退治できるか・・・?

なんだかブログも写真がなかったら寂しい感じですね。

上の子が生まれたときはこれでもかというほど成長の様子を写真に

撮っていたのに2人目となると・・・・coldsweats01

もっと写真撮ってあげなくては・・・ね。

 

くららが来て、最近は随分暖かくなってきたものあるんだけど、

休みの日はお庭でよく遊んでいます。

くらら・・・走るスピードすごいです。

家の周りをすごいスピードでぐるぐる走ります。

さすがはスポーティングータイプなだけあって運動神経

かなりいいみたい。

走る姿は小さなチーターのよう。もとは猟犬というのがすごくわかる。

shioがもう少し大きくなってくれれば散歩も楽なんだけど今のshioを

毎回散歩に連れて行く勇気・・・まだないな。

お庭がメインで遊んでます。

     

  

先週の話。

節分の日に保育年にやってくるオニが苦手なao・・。

毎年「2月になったら保育園に行きたくない」と言っていました。

そして今年もやってきた2月の節分。

年長になったaoは少しはしっかりして、

「オニが来たらやっつける!」と気合十分。

保育園でも「先生!オニが来たらやっつけていいと?」と

張り切っていたらしいが・・・・いざオニがやってきたら

キャーキャーいって逃げ回る始末。

今までの気合はどこへやら。。

shioはと言うと、もちろん大泣きしていたらしい。。

保育園でのオニ合戦を今年で卒業するao。

保育園を卒園する一番の喜びは

「オニとあわなくてよくなる」ことらしい。。

 

さて、親としてはその保育園にやってくるオニの正体が

気になるところ。

aoにオニの様子についていろいろ聞いてみたところ、

赤オニだったらしく、窓から突然入ってきたそのオニは

  「おはよ~~」  と言ったったらしい・・・。

それを聞いて、

「オニが普通おはようって言うかね??sweat01」とaoに

言ったら「だっておはようって言ったもん!」と。

 

どこで衣装をまとって、どうやって来たか気になった私は

「ね~ね~オニって車で来てた??」ってaoに聞いたら

「もう、ママ!dash オニは山から来るけ車とかで来んとよ!」と

怒られました。

「そ、そうよね・・・coldsweats01」 と私。

 

う~~ん。気になるオニの正体・・・・・・。

どこのどなたでしょう??

 

| | コメント (2)

チョコっとどうぞ。

出社すると上司が突然、ガーナの板チョコをくれた。

わざわざ買ってきてくれたらしい・・

私が職場で暇あればチョコをつまみ食いしているのを

知っているからでしょう・・・coldsweats01 

「ほらっお前の好きなチョコレート」と・・・。

うれしかった~~~~! だって・・・ガーナだもんlovely

気難しくて自己中な上司だけど・・毎日10時と3時にはおやつをくれますcoldsweats01

わりと優しいとこあります。

お父さんくらいの年齢なのに、職場ではコーヒータイムのおやつが

大好きなようで、毎日何かしら食べております・・・。

  

今日はチョコなしで過ごそうと思っていたのにまた

板チョコ1枚ぺロっといっちゃいました。

 

本格的にダイエットが始まる日は・・・永遠にこない・・・・・・despair 

 

ニコチンパッチじゃなくてチョコパッチがあればいいのに saddash

| | コメント (0)

目指すはお笑い芸人

NHKの「ぐ~チョコランタン」終わってしまうんですねtv

別にファンだったわけではないけど、なんか寂しいと言うか・・

違和感が。

サザエさんのかつおくんの声が変わった時とか、

ドラえもんの声がかわったときもしばらく違和感あったもんなぁ。

歌のおにーさんもひろみちおに~さんの時が一番好きだったなぁ・・ 

 

 

ブログを書くようになってから、私のことをむか~しから

知っていている友達とかにたまに会うと言われる・・・

「eriってこういう面もあったんだ~

 

女の子らしいハンドメイドしてるとこが

ちょっと想像つかないんだと思う。  

 

そうそう、幼い頃はお笑い路線一直線で

みんなを笑わせることに命をかけていたからね。。

そう思われていても仕方ないよねcoldsweats01

 

そんなハハの血を受け継いでいるせいか、aoも

かなりのお笑い系です。

私がお笑いが好きでよく見ているのもあるかもしれないけどsweat01

先日、オードリーの春日のモノマネ

  「皆さん、夢の中でお会いした以来ですね」

を真顔で教える私。そしてそれを真剣に聞き、

 素振りを真似するao。

ao「ママ、こう?」 

私「違う!手はこう!」

 

早速、帰ってきた旦那の前でオードリーのモノマネをやっていたao。

なかなかの出来happy02

旦那は「よく覚えたねwobbly」と言っていた。。。

さすがに私は旦那の前ではコレはできないワ。

 まだまだ恥じらいがある私・・) 

  

たぶん、うちでくらいしかやられていない遊び。

aoと私で、「吟じます!」の天津木村でお互いネタを

作りあって言い合う。   天津木村風に・・・

レベルの高い(いや、低い?)遊び。

あっやっぱりaoをお笑い路線に導いてるのは私なんだヮ・・coldsweats01 

 

aoのネタの数々はお笑いDVD化してしまいたいほど

完成度の高いものばかりです。

みなさん、おひとついかが??(発売は未定です・・)

| | コメント (4)

ちょこっと納品

季節モノだけを早めにBLAUE WIESE さんに納品しました。

ウール物が中心で。。

詳細はこちらで→(BLAUE WIESE のさんぽ道) *ブログお引越しされてます*

  

この間、期間限定で販売されているネットショップの布やさんで

かわいい布を買うことができました。

なかなか見つけられなかったドット柄のガーゼの布です。

先日やっと届きましたnote

あとはアンティークのボタンなど。

キーケースのパーツなども届きました。

新しい物がやってくるとなんだか創作意欲がわきますね。

春も近いことだし。

あっまだ2月だった・・・・sweat02

 

 

 

| | コメント (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »