« おみくじかしわ | トップページ | 何の材料で作ったピザでしょう? »

本のお話

またまた前の話ですが・・・

お正月に娘の本を買いに本屋さんに行ったとき、レジの前に

どっさりと本が積んでありました。

前にテレビのドキュメンタリー番組で見て、かなり号泣した「余命1ヶ月の花嫁」

本になって出ていました。もう迷うすべなく即買い。

若くして24歳で乳がんで亡くなったちえさんの実話です。

 Image0271

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆっくり読もうと思いつつ、もうこの本を買って2週間が過ぎてしまいました。

こういう本は静かなときにゆっくり読みたいので読むタイミングを探してます。

 

私のいとこも28歳にして乳がんで亡くなりました。ちえさんと同じように

愛する彼がいて、その彼のそばで息をひきとりました。

そのいとこがガンで亡くなった時、信じられない出来事がありました。

たくさんの人に知ってほしい、悲しくて、切なくて、でも心温まる話です。

書こうと思うとかなり長くなるのでそのお話はまた今度。

 

     --------------------------  

 

先日、第138回芥川賞の発表がありましたね。

受賞作、『乳と卵』。

今回もとても個性的な作品ぽいです。(読んでみようかなぁ)

2004年に芥川賞をとった『蛇にピアス』も読みました。

この本は強烈だった!(いろんな意味で・・)

この「蛇にピアス」近々映画が公開されるとか。

内容が強烈なので「R18指定」にもなる可能性ありとのこと。

でも主演をつとめた吉高由里子さん、きれいな方ですネ。→ 

 

********************************************************

蛇にピアスはこんな本↓(私の感想です)

 

買ったきっかけ:
芥川賞を取ったので、どんな本なんだろ〜と思って買ってみた。

感想:
描写が強烈。言葉の表現がすごいなと思いました。結末もすごいので読み終わった後

あと味が悪い感じだった。。ただ芥川賞取っただけの事はある、個性的で印象深い本

でした。

おすすめポイント:
内容よりも言葉の表現力。こんな言葉本に使っていいんだ…と描写に注目するとおもしろいかも。 

全体的には・・・おススメ度は低いかも。。。ボソ・・・

   

蛇にピアス

著者:金原 ひとみ

蛇にピアス

********************************************************

   

 

 

|

« おみくじかしわ | トップページ | 何の材料で作ったピザでしょう? »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

mikiさん♪
mikiさんもこの時のテレビみたんですね!
本はパラパラとめくったりしてますがまだ本格的に
読んでません。早く読みたいんですが。


「蛇にピアス」のときの直木賞、どんな作品だったでしょう??
このときのもうひとつの芥川賞、「蹴りたい背中」も読んだんですよ~。「蹴りたい背中」は読みやすくてところどころ笑えました。その題名のとおり、蹴りたい背中を思わず蹴ってしまうんです。笑

簡単な本の紹介見つけましたんでのぞいてみてくださいね↓
http://uraaozora.jpn.org/akuta130.html


いとこの話は必ず書きます!
たくさんの人に知ってほしい出来事でした。

投稿: eri(mikiさんへ) | 2008年1月23日 (水) 10時19分

私もこのドキュメンタリー番組をテレビで見て、かなり号泣しました。。本があるのは知っていましたが、eriさんは読んでみたんですね。

そしていとこの方の「信じられない出来事」・・・気になります。
いつの日か教えてくださいませ。

芥川賞候補の作品気になっていますが、なかなか読書できません。
「蛇にピアス」も気になるけど、その時の直木賞の作品(題名忘れてしまった)も気になってます・・・でもどちらも読めてないんですけど・・・。
読んだeriさんすごーい!!

投稿: miki | 2008年1月21日 (月) 21時12分

ずーさん♪

ご訪問ありがとうございます!
最近ブログを始められたのですね。
私もあとで遊びに行かせてもらいます~。
コメントありがとうございました☆

投稿: eri(ずーさんへ) | 2008年1月18日 (金) 20時41分

私も最近ブログ始めました。よろしくお願いします。

投稿: ずーさん | 2008年1月18日 (金) 17時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おみくじかしわ | トップページ | 何の材料で作ったピザでしょう? »